AWで遊ぶ!

アムウェイでしょ!?勧誘しないで!

この記事は、約5分で読めます。

勧誘シナイデ!?

勧誘というコトバからイメージする内容は…

  • 新聞の勧誘
  • キャッチセールス
  • 訪問販売
  • ネットワークビジネスの勧誘
  • 宗教の勧誘

ニホンゴの勧誘というコトバには、「避けた方がいいもの」みたいなイメージがあります。

勧誘を英語にすると…recruit(リクルート)です。

カタカナ英語で、リクルートというコトバを聞くと、「避けた方がいいもの」みたいなイメージはまったくわきません。

まったく同じコトバなのに、想像するイメージが違う。

日本語には、カタカナにするとイメージを一新できる効果があると思います。

環境保護を、エコと言い換えただけで、環境を意識する人が格段に増えた!

というのは、有名なハナシです。

日本語は、ひらがな、カタナカ、漢字…それぞれイメージを込めて使い分ける事ができる多彩な言語です。

ワタシも今まで、いろんなリクルート(勧誘)をうけてきました。

そういう時は…

わざわざ足を運んできてくれた事をまず労いきます。

特に興味がない場合は、必要ない事を伝えます。

たまに世間話もしちゃいます。

最後にがんばってくださいね!

と伝えてグッドバイします。

たまに握手する時もあります。

勧誘についていえば、新しい何かを知る機会(チャンス)ととらえているので…

リクルート(勧誘)ウェルカムですw

コラム…断れない…は美徳!?

その昔…とある壮年の友人からこんな話を聞きました。

///////////////////////

日本人はお願いされると断れない国民性なんだ。

嫌でもYESといってしまう時がある。

だから新聞の勧誘に、「一ヵ月だけでもっ」と言われて粗品をいろいろ渡されると…

「まーっ1ヵ月ぐらいなら…いいか」となってしまう。

新聞がたまらなく欲しくて一ヵ月購読するのではなく、断りづらいから「仕方なく」というのが本音だろう。

///////////////////////

ワタシ(トーマス)の勝手な想像なのですが…

日本人の気質として、どんなに大変でも、限界を超えていても人に助けを求めない。

我慢を美徳とするような価値観があるから、お願いされたら…その人は既に限界を超えている…もうどうしようもないぐらいに困っているからお願いしたんだ…

だからその話を引き受けてあげよう。

だから引き受ける側にも美徳を感じるのです。

ただ、これがうまく機能するのは、古き良き日本社会です。

一定レベルの節度が、お願いする方にも、される方にもあった時代だったからです。

現代において、価値観が多様化しているから、一定レベルの節度は人それぞれ…

主張しないとわからない…という時代になってしましました。

ワタシの場合、Yes Noはハッキリ言う。という育てられ方をしたので、良くも悪くも自己主張してしまう時があります。

外国人である母の影響が強いです。

日本で生きていく上で

出る杭が打たれる時もあれば…

打たれない時もありました…

なんとか今日までやってこれました(笑)

えっ!アムウェイ!?

ワタシはネットワークビジネス(アムウェイ)のメンバーです。

「勧誘」というコトバが自然とついてまわります。

比べてみよう選手権

アムウェイの会員に勧誘する。

アムウェイのメンバーにリクルートする。

さあ…日本語とカタカナ英語にどんなイメージが湧きますか?

冗談はさておき…

ワタシは、アムウェイブランドの製品が、とおってもダイスキです。

調理器具や、住居洗剤、エナジードリンク、サプリメントetc…

手間暇かけた高品質な製品ばかりです。

おかげで生活の質が向上しました。

まったくの無アムウェイから、アムウェイファンになるまでは半年ほどかかりました。

アムウェイファンのトモダチと交流しているうちに、使ってみたいなーと思うようになったのがきっかけです。

だから勧誘はうけてないのです。

ワタシの方から、「アナタがやってるアムウェイについて詳しく聞かせてほしい」と頼みました。

アムウェイファンのトモダチは、ファン歴約10年の強者です。料理や栄養に関する知識も半端ないです。

とてもたよりになります。

アムウェイ製品を通して人生の遊びをより充実させオモシロ可笑しく

豊かに生きれたらな…と思いますw

今後は、ネットワークビジネスの世界観、アムウェイの世界観を様々な角度から考察した記事もUPしていきたいと思います。

  • 労働倫理感とネットワークビジネスの収入について
  • 資本主義と社会主義のいいとこどりがネットワークビジネス?

文章書いたり考察したりするのが、好きなちょっと変なひと…
それが自分なのかも…と思います(笑)