Youの流儀

【Youの流儀003】-超絶スーパー多趣味博士!

この記事は、約7分で読めます。

プロフィール

ペンネーム:
ヨッシー(男性50代)

仕事:
会社員(製造業)

好きな事:トレッキング、釣り、DIY、ラジコン、ドライブ、自転車…etc

メモ:ヨッシー殿は、非常に幅広い分野の趣味をもっている。
自然科学、機械、コンピューター、アウトドア、旅行の他にまだまだ続く…

本人は「広く浅くなんですよ~」と言うが…

知らないワタシからすれば、人間百科事典みたいな感じである。

「多趣味な人」のひとことでまとめるにはもったいないぐらい「超多趣味」なのだ。

ヨッシー殿の流儀から学ぶ

例えていうなら、大型ホームセンターのベテラン店長並の知識である。

話しを聞いていくと、好奇心の原点には「ものづくり」があるとの事だった。

トーマスはどちらかというと、手先は器用ではない。どうやったら、ものづくりが好きな大人に育つのだろうか…ヨッシー殿の人生にヒントがあるかもしれない。

ヨッシー殿は、1960年代生まれ。

1983年に任天堂からファミコンが発売されたので、テレビゲームがない時代である。

今みたいにおもちゃが、たくさんある時代ではなかった。一人っ子であった事もあり、遊び方を自分で考える必要があった。

当時、学研の教材に取り組んでいた事もあり、定期的に送られてくる教材に付属している工作キットを心待ちにしていた子供時代だったそうだ。

そこから…「遊び道具は自分でつくる」という流儀が子供ヨッシーに芽生えた。

当時の男の子達の遊びといえば、「何かをつくる事」

友達同士でつくったものを見せ合うなんてのも遊び方のひとつであったそうだ。

また大自然そのものが遊び場という事もあり、実家の後ろに流れている小川に、小鮒釣りによくいっていたそうだ。

田んぼで捕まえたミミズを餌に…竿はその辺に生えていた竹を利用し、釣り針、釣り糸、浮きを手に入れ、釣りをする。

ご両親は、釣りに夢中になっている子供ヨッシーに「釣り、ばっかりしてんじゃない!」と時折指導を入れるほどだった。

現代において、「テレビゲームばっかりしてんじゃない!」は親世代の定型文ではあるが…

何事も「やりすぎ」の場合は、親は注意するものなのだ…と考えさせられた。

ヨッシー殿自身もテレビゲームに夢中になった時期があったが、大人になってからは…まったくやらなくなってしまったそうだ。

週末は、DIYしたり、アウトドアしたり、平日の夜は道具をつくったり、手入れしたり…

「身の回りにあるものすべてが遊び道具になる」という気概で今日も何かに夢中になっているはずだ。

おまけ…1

以前…趣味で「8の字結びツール(釣り用)」をつくったそうだ。

そしてそれをYoutubeで公開したら…9万6千回を超える再生回数!

すごいぃいいいいいい!

ルールとは何の為に存在するのか!?

ヨッシー殿に聞いてみた。

「幅広い趣味を生かし人生を楽しむために大事な事は何ですか?」

ルールを守ろう!という事ですね!

「???」

すべてのものごとはルールがあるから面白い。

テレビゲームだってルールがあるから、プレイしていて楽しいわけだし、スポーツだってルールがあるから、成り立っている。

「確かに!」

だけど規制とルールはちがう。

規制は、楽しさを拡大する方向とは逆、つまりマイナスに働くもの。

みんなしっかりルールを守って安全な形で運用されていれば、規制はかかりようがないのである。

「なるほど!」

とあるハナシを思い出した…

ある市で河川敷でのバーベキュー禁止条例が出来た。ゴミを持ち帰らない人が多くて、環境汚染になるからバーベキューを全面的に禁止したそうだ。

数千万円かけて、市営のバーベキュー場を設営した…

それでも規制を破って河川敷でバーベキューをする人が後を絶たない。

市の職員が巡回して注意喚起しているがイタチごっこである。

そして相変わらずゴミが、現場に散乱したままであった。

ペットボトル、飲料缶、調味料の入れ物、肉が入っていたプラケース、ビニールラップ、割りばし、焼き網、簡易コンロなどが現場に放置されたままになっていた。

中には、ある程度ゴミ袋にまとめてその場に放置してある例もあった。

市の職員が、注意喚起と片付けをしながら巡回し続ける。

これをルールと規制の関係で考えてみると…皆がゴミをきれいさっぱり持ち帰っていたらバーベキュー禁止の規制はかからなかったはずだ。

ルールと規制のイタチごっこは、社会学的に見れば、永遠のテーマかもしれない…

コレすごいのよグッズを教えてください!

その日…ワタシは刃が細かいハンディのこぎりを使って庭の木を剪定(せんてい)していました。

まー…切れない事…切りづらい事…

早々に作業を中止!

枝切りバサミ買うのか…!? 大きいのだとイイお値段しそう…

でも剪定(せんてい)する木なんてそんなにない…

このハンディのこぎりで…時間はかかるけど…がんばるか…

そんな時、ヨッシー殿がこの「サムライのこぎり」をもってきてくれました。

なんと切れる切れる!

豆腐を切るがごとく…とは言いスギですが…

大げさに言えば…

フランスパンを切るがごとく素早くラクに枝を切る事ができます!

この「サムライ」ブランドの「のこぎり」は日本のみならず、海外でも評価が高いです!

「サムライ鋸を使い始めて仕事が以前とはまったく変わってしまった。とても楽になった。」以前イタリアのあるオリーブ園で「一番シリーズ」のプロモーションをしていた頃に頂いたお言葉です。
http://www.kanzawa-samurai.co.jp/(上記リンク)より引用

【ヨッシー殿のおススメ!】DIYやちょっとした枝切りなどに!素早く切れるハンディのごぎり!

おまけ…2

「ヨッシー殿のものづくり写真集」

上:工具箱、釣り道具(リール)、針外し
下:自作のテーブル

自作ナイフ

自作アクセサリー

ものづくりとアウトドアは、相性抜群デスネ!

実は…この前ヨッシー殿に「竹馬」作ってもらいましたw

人生初の竹馬…。

乗りこなせるようになる前に…バランス崩して何度もフォー!となりました。

竹馬に乗っただけでアウトドアした気になるワタシでしたw

※ヨッシー殿は普通に乗りこなしてましたv

【ヨッシー殿のおススメ!】DIYやちょっとした枝切りなどに!素早く切れるハンディのごぎり!