えいご習得

今になって英語?今さら英語?今こそ英語?

この記事は約 7 分で読めます。

エイゴで何する?

英語はダイジよね~って話は今も昔もよく聞きます。

箇条書きするとこんな感じです。

  • 受験・就職・昇進に有利
  • いざという時に日本をポーンと飛び立ってもやっていけるように
  • 子供が感性豊かに育つように
  • かっこいいから
  • 海外旅行で英語を使いたい
  • 異なる文化の人と交流したい

そして英語教育に関してはふたつのグループにわかれます。

  • 早いうちから英語を!という方々
  • まず日本語でしょ!という方々

脳科学的に英語は早い方がいいという意見もあったり…有名な学者さんが、まずは日本語でしょ!と言っていたり…

賛否両論。自分で考えて決めるしかありません。

ワタシが聞く英語教育に関する決まり文句

「喋れないよりかは、喋れた方がいいよネ~」

「備えあれば憂いなし」ですねw

英語化の波と技術革新の波

技術革新の波で有名な話がありました。まとめるとこんな感じです。

2013年発表のオックスフォード大学調査レポート 
~「雇用の未来」から~

  • 今後10~20年で、アメリカの総雇用者の47%の仕事が自動化されるリスクが高い
  • クリエイティブな職業・社交能力が必要とされる仕事が、代替えされにくい

あれからいろいろな所で引用されてますよねw

技術の革新で、レジの仕事、事務の仕事、体力が必要な仕事などがコンピューターとロボットに代替えされいきますよ~というやつです。

発表されてから最初の10年間が経過するのは、2023年…

小さな変化のニュース記事をちょくちょく見かけます。

  • 〇〇銀行では、IT化の影響で行員の数を削減
  • 無人コンビニの試験運用開始

これからの時代は、生き残る為には社交能力とクリエイティブさがより求められるという事ですね。英語は感性を磨く一つの道具です。

ここで強調したいのが、一つの道具という事です。道具はいろいろあります。

ワタシ達はニッポンに住んでいるので、まずは日本語で感性豊かに育つ必要があります。ワタシ自身、英語は第2言語として身に着けられればGOODと考えております。

ただ…今英語をやっておいた方が将来英語を本気で取り組もうと思った時にだいぶ楽になります。第2言語としての英語は何をすればいいのでしょうか?英会話以外にもやれることがたくさんあります。

会話を抜きにした英語力

  • 聞く力→英語特有の音を聞きわける事
  • 発音力→英語特有の音をマネできる事
  • 単語力→単語の意味を知っている事
  • フレーズ力→ある程度のフレーズを塊で覚えている事
  • 読む力→文字を読んで意味がわかる事
  • 文法力→英語の文法書などから学ぶ、文法上の超超基本的な事(小学校低学年レベル)
  • 書く力→意志を伝える為の初歩的文章を書く事

これらをある程度鍛えながら、たま~に英会話のレッスンをするぐらいでも第2言語としての英語力はメキメキ上達するはずです。ワタシはこれを我が子で実験実証中ですw

お手頃価格のコドモ向け英語教材!トーマスのベストチョイス